流行りのオクトパッシング(タコ釣り)で使えるロッドを紹介!バスロッドもOK

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、福岡の釣りバカてとらです。

 

近年、堤防釣りでタコをルアーで狙う”オクトパッシング”が流行しているのをご存じでしょうか?

タコはエギングの外道として釣れる事もありますが専門で狙う事もできます!

釣りたてのタコは身が引き締まっており、味,食感ともに最高です♪

 

本記事では、そんなオクトパッシングに使用できるロッドについて解説します。

 

「専用ロッドってあるの?」

「ほかのロッドでも代用できる?」

 

の疑問にお答えします!

 


オクトパッシング専用ロッド

こちらは”釣りのポイント”ブランドの専用ロッドです。

 

ロッド:OCTOPUS GAME-DX/C762XH

適合ルアー:15g~80g

適合ライン:PE2号~6号

 

といったスペックになっております。

さすがは専用ロッド、スペックからタコ狙いの本気が伝わります!!

専用ロッドの良いところはロッドが硬いので、重いタコジグでも操作しやすくアタリもとり易いところです。

 

上の写真のように、オクトパッシングで使う”タコジグ”は40g~60gあたりを使用する事が多いです。

 

柔らかいロッド(エギングロッド等)ではロッドがタコジグの重さに負けてしまい、アタリが非常に分かりづらいです。

 

この写真の上がエギングロッド、下がオクトパッシング専用ロッドの穂先です。

ご覧の通り太さが倍くらい違います

 

柔らかいロッドだと、重さで常に竿先が曲がってしまう上にタコがノッた時の重みも感じづらいためアタリを逃してしまうこともあります。

具体的に言うと硬さがML以下のエギングロッド、シーバスロッド、アジングロッド、磯竿等は難しいと思います。

 

専用ロッドではタコジグの重さに負けることはまずありません。安心して使えます!

 

そしてこの専用ロッドですが、じつは

キャスト性能もバッチリです!遠投もできちゃいます!

 

この専用ロッドはベイトリール仕様ですが、スピニングリール仕様も同じです。

サイドキャストで投げれば重いルアーでも~20mは余裕で遠投できます。

専用ロッドがあれば足元だけでなく、沖に居るタコを狙うこともできます♪

 

専用ロッドはこの他にもメジャークラフトのタコパラや、アブガルシアのタコスフィールド等の商品も販売されています!

 

余談ですが、即合わせが必要なカワハギ釣りも硬いロッドの方が有利と言われます

堤防でのカワハギ釣りにも流用できるかもしれませんね^^

 

 

ここまでオクトパッシング専用のロッドを紹介しましたが、この釣りはバスロッドでも代用することができます!!

 


バスロッドでのタコ釣り

オクトパッシングはバスロッド(スピニング・ベイト)でも出来ます!

どちらかというとベイトタックルの方が操作はしやすいです。

ただしロッドの硬さは”M”以上を使うようにして下さい。

 

じつはわたしも元々は専用ロッドをもっておらず、何の知識もなくバスロッドからこのオクトパッシングを始めました。

タックルはスピニングロッドのMクラス、ラインはナイロン3号という今思えば何ともリスキーなタコ釣りをしていました^^;

が、結果意外と初めてのタコ釣りで釣れました(笑

 

バスロッドがタコ釣りに向いている理由は

短いため足元をしっかり探りやすく、即アワセが効くところです。

  

ロッドが短い分、穴釣り同様足元を狙う釣りには適しています。

さらに短いと合わせが即入るのでタコをしっかりと針に掛けられます

 

ですので他の海用ルアーロッドよりもバスロッドをおすすめします!!

 

そのほかの選択肢としては、ジギングロッド、ショアジギングロッドがタコ釣りには向いていると思います!

とにかく硬くて、強引にファイトできるロッドの方が望ましいです!

 


以上、オクトパッシング用のロッドについて解説しました。

専用ロッドとバスロッドでみなさんも流行りのオクトパッシングを楽しんでみて下さい^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました