サーフのヒラメ釣りにおすすめなルアー3選|初心者でも釣れやすいものはどれ?

近年人気が高まっているサーフからのヒラメ釣りは、とても魅力的な釣りです。

広大な砂浜からルアーを遠投するときの解放感は何とも言えません。

しかし、いざヒラメ釣りデビューしたいとなっても使うルアーが分からなかったりします。

 

本記事では

「ヒラメ狙いのルアーって何が良いの?」

「初心者でも使いやすいサーフ用ルアーが知りたい」

といった初心者さんの疑問やお悩みを解決いたします。

是非最後までご覧いただけると幸いです。

目次

サーフのヒラメ釣りにおすすめなルアー3選

最近では、サーフの釣りに向いているルアーがたくさん発売されています。

種類も多く悩んでしまう人も多い事だと思います。

今回は、サーフ釣り愛好者の筆者が特におすすめするルアーを3つ紹介します!

1つ目:DUELモンスターショット

1つ目はDUELから発売されているシンキングペンシル、モンスターショットです。

シンキングペンシルは10年ほど前までは青物やシーバスで使用されるものが多かったですが、近年はサーフに特化したものも多くなっています。

モンスターショットはサーフ特化型のシンキングペンシルというわけではありません。

しかしながら飛距離が出るように計算された低重心のウエイトの恩恵もあり、100メートルぐらいの飛距離をコンスタントに叩き出せます。

リップが付いたフォルムも特徴的で、しっかり水を嚙むことで多少荒れているときでも水に馴染んで泳いでくれます。

ただ巻きで十分アピールできるのも疲れにくく、助かります。

また、とても出来が良いルアーなのにもかかわらず低価格なのも魅力です。

他メーカーの似たジャンルのルアーが2000円程度ですが、モンスターショットは¥1500円前後の実売価格になっています。

よく飛んでしっかり泳いで安いという、3拍子揃ったルアーです。

\ヒラメ釣りで迷ったらこのルアー 一択! /

使い方はただ巻きを中心に、ストップアンドゴーやフォール。

それだけでなく、シンキングペンシルの浮遊感を活かして水面をスキッピングさせることもとてもやりやすいです。

上に意識が向いた活性の高い魚も手返し良く誘えます。

遠浅で底を擦りやすそうな地形でも、モンスターショットは底を切りやすく重宝します。

サーフでの使用にとても向いているルアーです。

30gと40gを水深や天候により使い分けるのがオススメです。

2つ目:メジャークラフト ジグパラサーフ

2つ目は、リーズナブルな商品が魅力的なジグパラサーフです。

『サーフ』と品名に入っているだけあって、サーフでの使用に特化した設計です。

特徴は、鉛製のジグに付いたブレード。

このブレードが水を受け、浮遊感とナチュラルな泳ぎを可能にします。

センターから少しだけ後ろよりの後方重心も飛距離アップにつながるだけでなく、極端に尻下がりにならない自然な泳ぎを可能にしています。

また、ウエイトも28g・35g・40gと細かくラインナップされています。

筆者は底切れがよい28gがオススメですが、深いサーフや魚が潜んでいるであろうブレイクラインが遠くにあるポイントでは重いウエイトを選択しても良いかもしれません。

使い方はただ巻きを中心にテンションフォールやストップアンドゴーなど、様々な使い方が出来るルアーです。

泳ぎが良いジグを【ジグミノー】などと呼ぶこともありますが、ジグパラサーフはまさにジグミノーの代表でしょう。

価格もブレードやハリが付いた状態で800円前後なので、お財布にも優しいです。

3つ目:ジャンプライズ:かっ飛び棒

3つ目はジャンプライズ社から出ているシンキングペンシルのかっ飛び棒です。

名前の通り100メートルぐらいかっ飛んでしまう飛距離も魅力ですが、一番の魅力は130ミリの大型ボディーなのにスローに誘えるという事です。

38gのヘビーウエイトにもかかわらず、テンションをかけて巻き始めると他のルアーでは感じたことも無い自然な浮遊感が出ます。

広大なサーフをゆらゆらと泳ぐ小魚に、しっかりと溶け込みます。

スローに誘うことが出来る分、波や風には弱いので穏やかな天気の時に使用するのがオススメです。

じっくり誘えるので、なかなかアタリが出ない時やポイントを絞り切れない時にぜひ使用してみてください。

魅力的なルアーなので価格は2200円前後ですし、フックは自分で用意する必要があります。

使用方法もただ巻きを中心にフォールでのユラユラと落ちるフォールにも食いつきが良いですが、ただ巻きだけでこのルアーのスローな動きを十分アピールできるでしょう。

ヒラメ釣り最強はやっぱりこのルアー!

紹介した中でも特におすすめなのは1つ目に紹介した、モンスターショットです。

先程述べたように低価格なのに、良く泳ぎ器用なルアーだからです。

重心のバランスがよく、キャストも風に負けにくいので特に初心者におすすめです。

 

\ヒラメ釣りで迷ったらこのルアー 一択! /

ミノーでおすすめなのはこれ!

今回紹介した以外にもミノーではimaのkosukeを筆者はオススメします。

ミノーは飛距離を出しにくく、難しい一面もありますがkosukeはバランスが良く比較的遠いポイントに飛んでくれます。

ロール主体なアクションがヒラメによく効きます。

また、深く潜りすぎないので遠浅なサーフでの使用も可。

ハイシーズンのサーフで御用達のミノーです。

\ ミノーならこれがGOOD!/

まとめ

それでは、本記事についてまとめます。

  • モンスターショットはよく飛び得泳ぐ安価なおすすめのルアー
  • ジグパラサーフはミノーのように泳ぐジグ!
  • かっ飛び棒は大きいフォルムでゆっくり誘える唯一無二のルアー

是非、この記事を参考にルアーを選んでみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

\ヒラメ釣りで迷ったらこのルアー 一択! /

楽天モーションウィジェット

てとら
節約ブロガー
●節約アングラーのてとらです。人と魚に優しい釣りを続けて15年。「釣りを教えて!」と言われ10人以上に釣りを教えてきました。
●当ブログ(月最高20万PV)ではその経験を活かし「地域の釣り」や「おいしい魚を安く釣る方法」を発信中です!
〇詳しいプロフィール
〇お仕事のご依頼はこちら
Amazonアソシエイトプログラム参加中

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次