魚へんに「作るの右」でなんと読む?お魚の特徴や由来を解説!

スポンサーリンク
ポイント最大44倍!!12/11まで今年最後の楽天スーパーSALE開催中!!

魚へんに「作るの右」を書いて「」は何と読むのでしょうか。

このお魚の読み方や特徴、食べ方について魚釣り歴15年の筆者が詳しく解説していきます!

 

スポンサーリンク

魚へんに「作るの右」で何と読む?答えは・・・

お店などでたまに目にする、魚へんに作るの右で「鮓」という漢字。

珍しい漢字ですが、いったい何と読むのでしょうか。

 

その答えは・・・

 

「クラゲ」です!!

 

または料理でいえば「すし(鮨)」とも読みます。

 

次に、このお魚の特徴について解説していきます!!

お魚の特徴

ここからは「鮓(クラゲ)」の特徴について解説します!

 

よく海水浴場や釣り場でみかけるのは「ミズクラゲ」です。

大型の「エチゼンクラゲ」は頭の大きさが直径50センチにもなります。

 

春〜夏の温かい時期によく沿岸で見かけます。

 

名前の由来

「鮓」という字は、お酢に由来があります。

中華食材である、塩クラゲの酢の物に加工されることが由来です。

 

くらげは他にも「海月」や「水母」といった書き方があります。

日本ではこちらの方が馴染みがありますね!

 

代表的な料理

引用元:フォトAC

 

食用になるクラゲはごく一部で、代表的な料理は

・酢の物

・塩漬けして保存食

などです。

 

魚へんに「作るの右」まとめ

今回は魚へんに「作るの右」と書いて「鮓(クラゲ)」について解説しました。

魚へんの漢字はこの他にもたくさんあります!

 

ぜひこれを機会に、こちらのページでも学んでみてはいかがでしょうか?

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

プロフィール
管理人
てとら

●節約アングラーのてとらです。人と魚に優しい釣りを続けて15年。「釣りを教えて!」と言われ10人以上に釣りを教えてきました。
●当ブログ(月最高8万PV)ではその経験を活かし「地域の釣り」や「おいしい魚を安く釣る方法」を発信中です!
〇詳しいプロフィール
〇お仕事のご依頼はこちら
Amazonアソシエイトプログラム参加中

\てとらをフォローする!/
カテゴリー
魚へんの漢字
スポンサーリンク
てとら釣り×キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました