PEライン5.5号の適切なリーダーの太さは?

この記事では「PEライン5.5号に結ぶオススメのリーダーの太さ」について解説します!

釣りのテクニックが身につくまでは、PEラインと相性の良いリーダーを探すのは難解ですよね。

 

本記事では

「5.5号のPEラインに合うリーダーは何号?」

「PEラインに最適なリーダーを選ぶための考え方は?」

といったあなたの悩みにお答えします。

 

結論を早めにお伝えすると、

PE5.5号にオススメのリーダーの太さは

18号(60lb) ※狙う魚種によって少し変わる

です!

それでは詳しい解説に入ります!

\ コスパで選ぶなら弾丸フロロシリーズがオススメ!擦れに強くて良く釣れる!!

目次

PEライン5.5号に結ぶ適切なリーダーの太さ|魚種・地形別一覧表

5.5号のPEラインの強度はメーカーによって少し違いますが、おおよそ「70lb(ポンド)」です。

以下に、魚種や地形ごとに適した「PE5.5号に適切なリーダーの太さ」をまとめます。

PEの太さ
5.5号:70lb)
適切な
リーダーの太さ
(フロロライン)
基本18号(60lb)
歯が鋭い魚
(カサゴ、フグ、ヒラメ、アコウ 等)
23号(90lb)
根が荒い場所
(岩礁、魚礁、岩場 等)
23号(90lb)
適切なリーダーの太さ

ご覧のように、基本的には18号のフロロリーダーを選べば問題ありません。

 

しかし歯が鋭い魚や、根が荒い場所に居る魚を狙う場合(ヒラメ,カサゴ,アコウ,フグなど)はリーダーの太さを1ランク上げたほうが無難です。

その理由は次章で解説します。

魚種によってリーダーを太くしたほうが良い理由は?

さきほどの表に書いた通り、同じPE5.5号ラインを使う場合でも、歯が鋭い魚や根が荒い場所にいる魚(根魚)を狙う時はフロロのリーダーを1つ太めにして結んだ方がよいです!

その理由は単純で

リーダーが歯や根で擦れて切れやすくなる(バラシが多くなる!)

からです。

そのような魚種を狙って釣りをしてみると理解できるのですが、何も気づかないままリーダーがガサガサになることが頻繁にあります。

そんな状態で釣りを続行してしまうと、次に魚がかかったときに「プチッ」と切れてしまうリスクが高くなります・・・。

てとら

過去にリーダーがガサガサになっているのに気づかずに釣りを続けて、ついにヒラメを引っかけたのですが、すぐにプチっと切れてしまった痛切な思い出があります・・(泣)

ですので、リーダーは数投おきに手で触ってチェックしてガサつきがひどいようであれば切るか、ノットを組み直したほうが良い釣果にめぐまれやすいです!!

例えば、「5.5号PEラインだったらリーダーを18号から1つ上げて、23号のリーダーを使う」といった具合です!

 

\ コスパで選ぶなら弾丸フロロシリーズがオススメ!擦れに強くて良く釣れる!!

魚種や地形によってリーダーの長さも変える!

PE5.5号ラインでも、魚種や地形によってリーダーの太さを変えることは重要なことはさきほど説明した通りです。

そして、もう一つ忘れてはいけないのが

リーダー長さは状況によって変える!

ということです。

とくに岩礁帯を攻める時、ヒラメやアコウ釣り、大物狙いの釣りをする時はリーダーを普段より長めに取ったほうがよいでしょう。

通常は1m〜1.5mとることが多いかと思いますが、その倍の2m~3mほど長さをとるようにしましょう!

岩礁は突き出ていたりするので、長めにとっておかないと魚に引き込まれた際に切られてしまうこともあるので注意です。

PE5.5号とリーダー18号で釣れる魚|一覧

以下に、PE5.5号とリーダー18号の組み合わせで釣れる魚種の例をまとめます。

スクロールできます
魚種名釣れる時期釣り方難しさ(5段階)おすすめの料理
ビンチョウマグロ11~4月“エビング ジギング(オフショア) コマセ釣り”★★★★★“刺し身 漬け丼”
ハマチ4~12月“ショアジギング サーフトローリング 泳がせ釣り”★★★★★“刺し身 照り焼き”
サワラ(90cm未満)9~11月“ショアジギング 泳がせ釣り”★★★★★“塩焼き ムニエル”
タマン(80cm以上)2~11月“ブッコミ釣り 打ち込み釣り”★★★★☆“刺し身 唐揚げ 南蛮漬け”
キハダマグロ(50kg未満)6~11月“エビング ジギング(オフショア) コマセ釣り”★★★★★“刺し身 ステーキ”
コロダイ(70~80cm)6~12月“ブッコミ釣り 投げ釣り”★★★★☆“刺し身 煮つけ”
シイラ(90~100cm)6~11月“ショアジギング フライフィッシング”★★★★★“ムニエル 照り焼き”
ヒラマサ(80~90cm)7~8月“バーティカルジギング ショアジギング カゴ釣り”★★★★★“照り焼き 刺し身”
カンパチ(100cm以上)7~11月“ショアジギング 泳がせ釣り”★★★★★“寿司 刺し身 照り焼き”

PEライン5.5号に適切なリーダー太さ|まとめ

今回は「PE5.5号に適切なリーダーの太さは?」というテーマで解説しました。

内容をまとめると以下の通りです。

PEの太さ
(5.5号:70lb)
適切な
リーダーの太さ
(フロロライン)
基本18号(60lb)
適切なリーダーの太さ

※しかし、歯が鋭い魚や根魚を狙うときは、リーダーを一段階太くすることで断然有利になります。

 

この記事が次回の釣行に役に立つツールとなれば嬉しいです。

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

\ コスパで選ぶなら弾丸フロロシリーズがオススメ!擦れに強くて良く釣れる!!

楽天モーションウィジェット

てとら
節約ブロガー
●節約アングラーのてとらです。人と魚に優しい釣りを続けて15年。「釣りを教えて!」と言われ10人以上に釣りを教えてきました。
●当ブログ(月最高20万PV)ではその経験を活かし「地域の釣り」や「おいしい魚を安く釣る方法」を発信中です!
〇詳しいプロフィール
〇お仕事のご依頼はこちら
Amazonアソシエイトプログラム参加中

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次