車載ロッドホルダーの取り付け|釣りや車中泊で大活躍!

スポンサーリンク

釣りや車中泊で活躍する”ロッドホルダー”を車内に付けてみたのでご紹介です!車内のアシストグリップ(取っ手)の配置が悪くても大丈夫!このアイテムを使えばどんな車にも取り付け可能になります!

 

てとら
てとら

みなさんこんにちは!

車載ロッドホルダーってかっこいいですよね!

今回は

「車載ロッドホルダーってどういう風に取り付けるの?」

「どんな車でも大丈夫?」

 

といった釣り人のみなさんの疑問にお答えします!

私自身、自分の車には付けられないと思っていましたが、ある”アイテム”を使用することで

短時間で見事に取り付ける事ができました✨

良かったら参考にしてみてください^^

 

車載ロッドホルダーの取り付け方法

インテリアバー取り付け

車載ロッドホルダーは基本的に”インテリアバー”を車内のアシストグリップ(取っ手)に引っ掛けて取り付けます。

 

ロッドを天井にのせることで、ラゲッジの荷物スペースが広くなりさらに荷物がのせられます!

また、キャンプや車中泊をするのであれば、天井にロッド等を収納すれば十分に寝床を確保することができますよね◎

 

しかし、アシストグリップが車内前方だけにあり、車内後部に無かった場合に

距離や天井との隙間がうまく合わず、ロッドが乗せられない事があります。

 

てとら
てとら

実際に私の車も取っ手の配置上、付けられないと思っていました。。

しかし、調べてみるとあるアイテムを使用することで取り付けが可能になりました◎

前後取り付けパーツで問題解決◎

その便利なアイテムとはこちらです。

前後取り付けパーツ

その名も”前後取り付けパーツ”です。

パッケージにはサーフボードやスノーボードの積み込みにも!と書いてあります。

 

商品の名前からは取り付けの感じがイメージしにくいですが、写真を見れば一発です。

こちらが実際に取り付けたときの様子です。

このように1つの取っ手の長さを延長するようなパーツになります。

取付は↑の写真のように、付属しているマジックテープベルトで簡単取り付けです。

 

ではこれをどうするかというと、

この前後の黒い部分に、インテリアバーを引っ掛けます。

インテリアバーの引っ掛け部に合わせた、丁度の幅になっているのでずれることもありません💡

インテリアバーとの取り付け部

 

そしたらあとは、2列にインテリアバーを付けるだけ!

2列に取り付け

これで完成です✨

作業時間は、調整した時間も合わせて15分程で完了しました!

 

実際にロッドをのせてみましょう。

試しにエギングロッドとアジングロッドをのせてみました!

はい、かなりいい感じです✨

走行中も事項の注意点に気を付ければ特にグラつくこともなく、安心して使えました◎

インテリアバーも太いタイプを使用しているので、安定性に優れています!

 

このように、取っ手が両サイドにあればどんな車も取り付け可能になります。

 

続いて、ロッドを載せる際の注意点を少しだけご紹介します。

 

ロッドをのせる際の注意点

車載型インテリアバーにロッドをのせ、さあ釣行へ!といきたいところですが、

ロッドを”のせただけ”だとどうしても固定が弱く、ロッドが落下してしまう可能性もあります。

てとら
てとら

念のため落下の対策をしましょう!

という訳で、ロッドの先端を固定するようにしました。

こんな感じですね。

写真はロッドベルトで固定していますが、

ヒモや大きめの洗濯ばさみでも代用可能だと思います。(ダイソーへGO!)

 


以上車載型ロッドホルダー”前後取り付けパーツ”のご紹介でした。

取付も簡単でどんな車にも取り付け可能なこのアイテム。

みなさんも取り付けてみてはいかがでしょうか?^^

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
てとら

≪節約アングラー≫
◇アウトドア歴15年
◇趣味は釣りとキャンプ

◆2020.4 釣りブログ開始
◆2021.6 月間2万PV達成!!

SNSでも釣果情報等を発信中です!
フォローよろしくお願いします^^
 
〇詳しいプロフィールはこちら
〇お仕事のご依頼はこちら

\てとらをフォローする!/
SNSフォローボタン
\てとらをフォローする!/
便利な釣具釣り
てとら釣り×キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました