ダイソースピンテールジグを「簡単1分」で塗装して釣果UPする方法

ダイソースピンテールジグ塗装

今回は2021年に発売された「ダイソースピンテールジグ」を簡単1分で好きなカラーに塗装する方法をご紹介します!

現在このダイソースピンテールジグはシルバー色のみしかありません。

好きなカラーに塗装して、もっとたくさんの魚種や大物を狙ってみましょう!!

 

てとら
てとら

みなさんこんにちは!

ダイソールアーのカスタムって面白いですよね^^

 

本記事では

「ダイソーのスピンテールジグを簡単に塗装したい!」

「もっとダイソースピンテールジグでいろんな魚を釣りたい!」

 

という釣り人の疑問・お悩みにお答えします!

 

スポンサーリンク

ダイソースピンテールジグ|塗装方法3種類

ダイソースピンテールジグ 塗装
ダイソースピンテールジグ 3つの塗装

 

それではさっそく、3つの塗装方法についてご紹介します。

 

ダイソースピンテールジグの塗装方法は次のとおりです。

・マッキー(ペイントマーカ)で塗る(コスパGOOD!!)
・ダイアカラー(釣具用)で塗る(コスパGOOD!!)
・ブレードにプラモデル用塗料で色を付ける(少し手間)

 

では1つずつ解説していきます!

 

マッキーペイントで金色に塗装する(簡単1分)

 

文房具でおなじみの「マッキー/ペイントマーカーシリーズ」を使えば、簡単1分でダイソースピンテールジグを”金色”にすることができます!!

 

使うペンがこちら↓↓

マッキーペイントマーカー

 

このペンで、直接「スピンテールジグ」を塗っていきます。

一度の塗り付けでたっぷりインクがでるので、重ね塗りの必要はありません◎

スピンテールジグ 塗装
スピンテールジグ 塗装

 

全体的に塗り終えると、こんな感じになります↓↓

ゴールド仕様

 

このように、マッキーペイントマーカを使えば「簡単1分」で塗装できちゃうんですね^^

 

金色にすると水中でのアピールも上がりますす、サーフでのヒラメ狙いにも効果的です!

 

今回の「スピンテールジグ」以外にも、ダイソージグヘッドやアジングヘッド等、さまざまなルアーを「ゴールドカラー」に変身できるので1つ持っておくと便利ですよ^^

 

 

 

ダイアカラー(蓄光/ケイムラ)で塗装

続いては、釣具用の「塗料」のご紹介です。

 

以前、別記事でお伝えした「【ダイソー】マイクロジグレビュー|釣果検証」でも活躍したダイアカラーを塗ってみます。

 

今回は”蓄光タイプ”を塗ってみました↓↓

ダイアカラー塗装

 

キャップを外すと、筆先が「マニキュア」のようになっているので手軽に塗ることができます。

 

全体的に塗り終わり、暗闇で蓄光状態を確認してみます↓↓

蓄光カラー

 

ご覧のように「スピンテールジグ」が暗闇でしっかりと発光しているのが分かります◎

 

蓄光カラーだと、夜釣りでのシーバス狙いにも高い効果を発揮します!!

ちなみにダイアカラーは蓄光だけでなく、「ケイムラカラー」や「ブルー蓄光」等もあります。

魚種や時間帯よって使い分けるのも釣果アップに繋がりますよ^^

 

\ポイント最大43倍!お買い物マラソン開催中!!/
楽天市場

 

 

ダイソースピンテールジグの使い方や、デラクーとの違いは”【ダイソー】スピンテールジグ|徹底レビュー”で詳しく解説しています!!

 

ブレードを塗装

最後は「スピンテールジグ本体」ではなく、ブレードの塗装方法です。

 

この「ダイソースピンテールジグ」は、通称「ダイソーデラクー」とも呼ばれています。

その「デラクー」に近づけるための塗装方法をご紹介します。

 

※このブレード塗装は少し手間が掛かります。(~1時間ほど)

 時間がない方にはおススメしません。先ほどの2つの塗装の方がコスパは良いです◎

 

”デラクー”を見てみると、このようにブレードにポイントカラーが入っているのが分かりますね◎

デラクーとの比較

 

今回、ダイソーのシール(養生用)とプラモデル用の塗料を使って試してみました!

 

用意したもの

 

使ったものは

・ダイソーマルシール
・ミスターカラー(白、オレンジ)

 

ブレードに直接オレンジを塗ると目立ちにくいため、白で下塗りをすることにしました。

その際、キレイに「半月状」に塗れる用にマルシールで養生して塗りました。

 

①ブレードを本体から取り外し、マルシールを貼りつける。

 

②白の塗料塗る(下塗り)

キレイに色がのるように2,3度重ね塗りします◎

 

③オレンジ(お好み)の色を塗る

※この時も2回程重ね塗りしてキレイに仕上げます。

 

④シールを剥がして完成!

 

このように、工夫次第で「デラクーブレード」に近づける事も可能です◎

 

今回はオレンジカラーを塗りましたが、黄色や緑、ケイムラ、蓄光カラーを塗ってみてもいいと思います^^

 

 

まとめ

それでは今回のまとめです。

 

ダイソースピンテールジグを塗装する方法は次の3つ。

・マッキー(ペイントマーカ)で塗る(コスパGOOD!!)
・ダイアカラー(釣具用)で塗る(コスパGOOD!!)
・ブレードにプラモデル用塗料で色を付け

 

みなさんも、オリジナルカラーを使って「ダイソースピンテールジグ」をお好みにカスタマイズしてみてください^^

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました