【ダイソー】スピンテールジグ|徹底レビュー

スポンサーリンク

2021年9月に新発売された”ダイソースピンテールジグ”のご紹介です!

今回もダイソーさんが素晴らしいルアーを出してくれました。

ダイソーデラクー”とも呼ばれているこの”スピンテールジグ”の魅力を

徹底レビューしたいと思います!

 

てとら
てとら

みなさんこんにちは!

ダイソーがまたやってくれました!!

 

本記事では

「ダイソースピンテールジグってどんなもの?」

「デラクーと比べるとどこが違う?」

「改造パターンを知りたい!」

 

といった釣り人の皆さんのお悩み・疑問にお答えします!!

 

今回一部改造(チューン)もやってみましたので

是非最後までご覧ください^^

 

ダイソースピンテールジグの紹介

ダイソースピンテールジグ

こちらが今回ダイソーより新発売となった”スピンテールジグ”です。

 

・ルアーは7g、10g の2種類
・カラーはシルバーのみ
・対象魚:青物、シーバス、ブラックバス等

 

となっています。

てとら
てとら

ブラックバス以外もOKのようです◎

 

今回アイは赤色でアピール大◎。ダイソーの本気度が見てとれます💡

(ダイソーソルト用ジグヘッド、マイクロジグは透明カラーでした)

 

 

 

ではサイズ感の比較です。

比べてみると、わずかに10gの方が大きいですが

ルアー自体の大きさや全長はあまり変わらない印象です。

 

同じくらいのシルエットなら、遠投できる”10g”を選んだ方が良いかもしれませんね◎

 

続いてジャッカルの”デラクー”と比較してみます。

良く見ると、デラクーとの違いが大きく3つありましたので順にご紹介します!

 

 

ジャッカル|デラクーとの違い3つ

という訳でデラクー3/8oz(10.5g)と、

ダイソースピンテールジグ(10g)を比べてみました。

比較

良く見ると、デラクーとの違いは大きくこの3つがありました。

 

デラクーに比べて、ダイソースピンテールジグは

・ルアーボディが丸っこい
・フックが小さい(大物大丈夫?)
・リアブレードの固定が無い

 

という違いがありました。

 

ボディの形状

 

ボディはデラクーの方がは平ぺったく、バイブレーション寄りの構造。

対してダイソースピンテールジグは丸っこく、コアマンの”ワーブレード”のボディを彷彿させます。

 

 

フックサイズ

次に、フックを見てみるとダイソースピンテールジグの方が小さく、

1サイズ小さいフック(#10)を使用しているようです。

 

ネオンくん
ネオンくん

大物は大丈夫?

と、心配になった方もいると思います。

フックサイズ的には#10なので、コアマンのVJ16やVJ22と同サイズです。

そこそこのサイズ(40~50cm)のシーバスやブラックバスには耐えられると思います。

 

そしてデラクーも1/4ozサイズの方はフックサイズ#10を採用していますので、ダイソースピンテールジグと同様です。

てとら
てとら

大物も大丈夫そうですね!

 

ただ、デラクーも3/8ozの方はフックサイズ#8を採用していますので

ダイソースピンテールでもっと大物を狙う場合は、#8にフック交換した方が良いと思います💡

 

出典元:Amazon デラクー3/8oz フックサイズ

 

ブレードの固定について

デラクーの方をよく見てみると、リアブレードがゴムで固定されています。

 

スプリットリングを一か所固定することで関節を少なくして、ブレードの回転を安定させています

このチューンは簡単にできますので、後程記載します♪

 

 

ダイソースピンテールは釣れるの?

現在、ダウソースピンテールジグを入手してから釣りに行けておりませんので

おススメのYoutubu動画を紹介したいと思います!

 

こちらはスピンテールジグを使った実釣動画です。

見事にデカアジ等が釣れています!!🎣

 

そしてこちらはジャッカルのデラクーの使い方等の動画です。

スピンテールジグの季節ごとの使い方について詳しく解説されています◎

こちらも合わせてチェックしておきましょう◎

 

 

 

では最後に改造(チューン)について解説します。

 

ダイソースピンテールジグの改造|3パターン

ここからは改造について解説します。

・ブレード固定チューン
・背針チューン
・ブレードカラーチューン

 

まずはブレード固定から解説します。

ブレードの固定(安定化)

先ほど解説したデラクーのブレード固定について、

ダイソースピンテールジグも同様に固定していきます。

 

 

今回使用するのは”タイラバ用の止めゴム”です!

ウキゴムをカットしても同じものが用意できると思います◎

 

まずはスプリットリングをプライヤーで外します。

 

あとはゴムを通し、固定できる位置にずらします。

 

これだけでブレードの固定が完了です✨

簡単なのでみなさんもぜひやってみてください^^

 

背針チューン

先ほどのデラクーの動画でもあったように、スピンテールジグは

底(ボトム)を攻めるとき、根掛りしやすいです

 

ですので、フックを背中にかけて根掛りを少なくする”背針”対策が効果的です。

背針チューン

 

この時に注意することが1つ。

・フックはラインアイ(糸を結ぶリング)の後ろに付ける

 

前後の順番を間違えると、ルアーの動きがぎこちなくなってしまうので注意してください!

 

ブレードカラー塗装

デラクーといえばブレードに入った塗装ラインが特徴的ですよね^^

これをダイソースピンテールジグで再現してみます!

4ステップで、大体40~50分程で終わります💡

 

 

使うのはマルシール(100均)とプラモデル用塗料

 

これらで簡単にデラクーと同じブレードカラーを作る事ができます✨

 

 

①ブレードを取り外し、マルシールを貼りつける。

 

②白の塗料塗る。(下塗り)

 

1度塗っただけだとキレイに色がのらないので2,3度重ね塗りします◎

 

 

③オレンジ(お好み)の色を塗る

 

※この時も2回程重ね塗りしてキレイに仕上げます。

 

 

④シールを剥がして完成!

 

このように簡単にブレードの淵を塗る事ができます◎

今回はオレンジを塗りましたが、ケイムラや蓄光塗料を塗っても良いと思います^^

オリジナルカラーのスピンテールジグを作ってみましょう🎣

 

まとめ

では今回のダイソースピンテールジグ徹底レビューのまとめです。

 

・ルアーは7gと10g。カラーはシルバーのみ
・アイが赤色でアピール◎
・デラクーと比べるとボディが丸っこく、フックが小さい。
・デカアジが釣れる
・パーツで好きなように改造できる

 

となります!!

なお、ダイソースピンテールジグは人気商品となっていますので

見つけたときは早めに入手しておくことをおススメします^^ 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました🙇

 

 

\こちらの記事も人気です!/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました