ダイソー新作ルアーケース|徹底レビュー

今回は2021年、ダイソーより新たに発売された”ルアーケース”についての徹底レビューです。

釣りメーカーのルアーケースとの違いや、使い心地について辛口レビューしていきたいと思います!

 

てとら
てとら

みなさんこんにちは!

ダイソーから今度はルアーケースの登場です!

 

本記事では

「ダイソールアーケースってどんなもの?」

「ルアーケースとして実際つかえるの?」

 

といった釣り人のお悩み・疑問にお答えします!!

 

先にお伝えしておきますと、今回のルアーケースに点数をつけるならば

 

65点(100点満点中)

といった感触でした。※今回は辛口です

 

その理由はこれからじっくり説明していきます。

 

スポンサーリンク

新登場!ダイソールアーケース

こちらが2021年に新発売となった釣り専用ルアーケースです。

ダイソールアーケース

 

ルアーケースのカラーは

スモークブラックに、赤のセパレーターが内装されています。

 

そして何といってもお値段がすごいんです!

この見た目のカッコよさでなんと200円!!✨

 

釣り具メーカーのルアーケースは700円~1000円程するものもありますので

かなり格安なお値段だと思います◎

 

てとら
てとら

このサイズのルアーケースとしては最安かと思います!

 

ポイント①:セパレーターカスタム可能

続いてルアーケースの中身のレビューです!

 

フタを開けるとこのように4種類のセパレーターが入っていました。

 

セパレーターは組み合わせ次第でこのようにカスタマイズできます

 

てとら
てとら

用途によってカスタムできるのはよいですね^^

本体の蓋にもこのようにセパレーター配置の記載があります。

しかし、こののセパレーターの使い勝手については

△の部分もありましたので、その辺は最後に詳しく紹介します。

 

ポイント②:蓋の開閉がしやすい

ルアーケースの特徴といえば、開閉しやすいこの取っ手!

正直、この開閉ができるだけでルアーケースとして十分機能していると思います!

 

私はダイソーの普通のプラケースをルアーケースとしても利用していますが、いつもこの開閉がネックでした。

この小さいストッパー。

しかも2か所あるので開閉に時間が掛かっていました

てとら
てとら

特に冬なんかは指先がかじかんで開閉しづらかったです泣

 

スムーズにルアーが取り出せるので、釣りに集中できる時間が増えますね◎

 

釣具メーカー品とサイズ感の比較

メーカー品とサイズ感を比較してみます。

私が普段使用しているルアーケース(バーサス)との比較です。

サイズ感的にはダイソールアーケースの方がわずかに小さめ

 

厚みもダイソー製の方が少し薄いですね。

そんなにたくさんの量のルアーを入れなければ、この厚みでも十分かと思います◎

 

 

実際にルアーを収納してみました。

 

シーバス用のルアーは余裕で収納できます!(エギもOK)

逆にアジングやメバリング等で使用する小さめのルアーは使い勝手が悪いかもしれませんのでご注意ください。

 

 

では最後に、ダイソールアーケースの惜しかった点をご紹介したいと思います。

 

ここが惜しい!|3つポイント

最後に、個人的に惜しい!と思ったポイントをご紹介します。

 

仕切りを3列にできない

個人的にはルアーケースは3列で使用することが多いです。

少し偏っていますが、図で表すとこんな感じ↓

 

今回のルアーケースは2列or3ブロックにしか分ける事ができないので

個人的には少し使いづらいなと思うポイントでした。

 

仕切りが脱着しづらい(固い)

実はこの仕切り(セパレーター)、結構脱着しづらいです。

淵が特殊な形をしているので、キレイに溝同士を合わせないと装着できません。

それと同時に、溝にハマるとかなり抜けづらくなってしまいます。

 

 

T字のような溝になっているので、少し脱着に関してはやりづらいです。

次回作では是非、一般的な溝のタイプに変更してほしいです◎

 

滑り止めがついていない

メーカー品のルアーケースと比較すると分かりやすいのですが、

蓋の開閉がしやすいようにメーカー品には滑り止めが付いています。

 

よほどの事がなければ開閉時に滑ってケースを落としていますようなことはないと思いますが、濡れた状態だと滑りやすかったりもするので、この滑り止めは意外と大事だと個人的には思っています。

 

次回作では是非、滑り止め加工をしてほしいですね^^

 

 

しかし、これらの惜しい点を踏まえても

200円のルアーケースとしては十分コスパが良い商品だと思います!

 

特に釣り初心者さんの方には、ルアーケースの便利さを知るためにも是非おすすめしたい商品です^^

 

まとめ

今回のダイソールアーケースの特徴をまとめてみます。

 

・価格は破格の200円
・黒×赤色で見た目よし
・そこそこの量のルアーが入る
・開閉やしやすくなっている

 

・3列形成にできない
・仕切りの脱着が固い
・滑り止めがついていない

 

今回はダイソールアーケースの良い点・惜しい点をご紹介しましたが

価格が200円という事で考えれば、総合的にコスパの良い商品だと思います!

 

みなさんも是非、ダイソーで見かけた際には手に取ってみてください^^

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

プロフィール
この記事を書いた人
てとら

≪節約アングラー≫
◇アウトドア歴15年
◇趣味は釣りとキャンプ

◆2020.4 釣りブログ開始
◆2021.6 月間2万PV達成
◆2021.9 月間3万PV達成!!

SNSでも釣果情報等を発信中です!
フォローよろしくお願いします^^
 
〇詳しいプロフィールはこちら
〇お仕事のご依頼はこちら

\てとらをフォローする!/
SNSフォローボタン
\てとらをフォローする!/
ダイソーダイソー釣具
スポンサーリンク
てとら釣り×キャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました