23アンタレスは青物狙いに向いてる?調べてみた結果・・・

今回の記事では、23アンタレスDCMDは青物にも使える?というテーマで調べてみました。

2023年初春に発売される23アンタレスDCMDのポテンシャルに、皆様も期待しているのではないでしょうか?

バス釣りだけではなく、ソルトゲームに重点を置いて開発されたという23アンタレスDCMD。

 

『今度のアンタレス、波止から青物狙えるのだろうか?』

『アンタレスの新作、オフショアジギングで使えるのかな』

など、期待と不安が入り混じっている人も多いのではないのでしょうか?

 

そこで今回、23アンタレスDCMDのスペックが皆様の青物フィッシングにマッチするのかどうか調べてみましたので参考になれば幸いです。

 

\ ついに発売!すでに品薄のモデルあり!早いもの勝ちです!! /

目次

23アンタレスDCMDは青物にも使える?

引用元:シマノ

はじめにも少しお話ししましたが、今回の23アンタレスDCMDはバス釣りのビックベイト専用というわけではなく、ヘビーウエイトルアーや空気抵抗の大きいルアー(ビックベイトやアラバマリグなど)とソルトゲームでのルアーフィッシング、シーバスやサワラそして青物やタチウオなんかも含めたショアジギングに対応するベイトリールをテーマに作られたリールなので青物は23アンタレスDCMDの得意分野に入ります。

シマノの5年ぶりのDCMDのキャスティング性能に期待しましょう。

青物にも使える理由

もちろんスピニングリールにもメリットはありますが、そもそも青物ショアジギングにおいてベイトリールのスペックはどれくらい必要なのでしょうか?

  • ラインキャパシティ

一般的にショアジギングでPEライン2号を150m巻ければ大丈夫かと思われるところ、23アンタレスDCMDはPEライン4号を100m巻けるキャパなので、3号を一杯まで巻いておけば、10kgオーバーのヒラマサやカンパチはさすがに厳しいと思いますが、ワラサくらいまでの青物に走られても心配いりません。

PEライン3号を一杯まで巻いて30~40gくらいのジグなら80m~くらいはしっかり飛ばせますし、そこからファイトで走られたとしてもラインキャパシティの問題はクリア出来ます。

  • ギア比

ハンドルを一回転するとどれだけ糸を巻き取るか、巻き取るスピードが速いとルアーを回収するスピードが上がるので、手返しが良くなり釣りのテンポが上がります。

ギア比はHG仕様なら1回転で93cm巻き取ることが出来るので、ハイピッチジャークも問題なく、手返し良く釣りをするにも最適のリールです。

それだけではなく、ルアーアクションを無理なくハイピッチに出来るのと、フッキング後根に潜ろうとする青物を潜られる前にすぐさま根から引きはがすことが出来ます。

  • ドラグ力

23アンタレスDCMDのドラグ力は6kgですから、一般的なショアジギングで狙える青物なら十分ファイト出来ると思います。

思いがけない大物がかかったとしてもドラグを少し緩めて調整してあげると大丈夫です。

実際のところフルキャストしたところでヒットすればスリリングで強力なファイトになるでしょうがそれこそが醍醐味なので、問題なく楽しめると思います。

\ ついに発売!すでに品薄のモデルあり!早いもの勝ちです!! /

船からのジギングにも使えるの?

あまり深い水深であれば難しいかもしれませんが、水深+キャスト分で120m~130mくらいなら十分楽しめます。

水深30m~50mエリアならロングキャストして着底後ジャークさせてきて広範囲に探ることもできますし、それよりも深い水深であればバーチカルにジギングする釣り方もできるので、オフショアジギングでも全然問題なく使えます。

3号PEラインに40lb.~50lb.のリーダーに40kg~60kg程度のジグが比較的投げやすい重さ

という感じですが潮の状況などで底が取りにくいようならジグの重さで調整してあげる必要があります。

23アンタレスDCMDはとても手の中に納まりやすい形状になっているのでジグをフリーフォールさせてワンピッチジャークの繰り返しになるジギングはとても扱いやすく作られています。

しかもベアリングも増えたことで巻き心地もとてもシルキーになっているので、ストレスなく青物ジギングを楽しめると思います。

前作の18アンタレスDCMDもショアジギングでもオフショアジギングでも使いやすくパワーも問題なしで青物はもちろんシーバスやサワラ、などもしっかり釣ることが出来たととても高評価でした。

今回さらに遠投性能がグレードアップした23アンタレスDCMDはソルトゲームでの扱いやすさは間違いなさそうです。

まとめ

それでは今回の内容をまとめます!

  • 23アンタレスDCMDはソルトゲームでの遠投性能を磨き上げられたリール!
  • 23アンタレスDCMDはPEライン3号で130m巻けるので青物でも問題なし!
  • 23アンタレスDCMD、XGならハンドル1回転で93cm巻き取るのでジギングの手返しも良くなり釣果アップが期待される!
  • 23アンタレスDCMDのドラグ力は6kgあるので中型青物くらいなら大丈夫!
  • 23アンタレスDCMDは手のひらに収まりやすいのでパーミングなど操作性が良くなる!

 

今回の記事、23アンタレスDCMDは青物にも使える?というテーマで調べてみました。

青物のサイズがよほど大きくなければ全然問題なく使えます!

遠投性能もパワーも操作性もいろいろな面でブラッシュアップされた23アンタレスDCMDがとても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

\ ついに発売!すでに品薄のモデルあり!早いもの勝ちです!! /

青物狙いならコスパ抜群のシーガーのPEがおすすめ!/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場

 

楽天モーションウィジェット

てとら
節約ブロガー
●節約アングラーのてとらです。人と魚に優しい釣りを続けて15年。「釣りを教えて!」と言われ10人以上に釣りを教えてきました。
●当ブログ(月最高20万PV)ではその経験を活かし「地域の釣り」や「おいしい魚を安く釣る方法」を発信中です!
〇詳しいプロフィール
〇お仕事のご依頼はこちら
Amazonアソシエイトプログラム参加中

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次