23アンタレスDCMDに合うロッドはどれ?ワールドシャウラ一択なのか?

今回の記事は23アンタレスDCMDに合うロッドはどれ?というテーマで調査してみました。

23アンタレスDCMDは必ず買おう!と思っている人も多いはずですが、肝心のパートナーが決まっていないという人も多いのではないでしょうか。

 

「23アンタレスDCMD何を投げようか?」

「自分が持っている竿と合うのかな?」

そのような疑問をお持ちではありませんか?

 

今回の記事では、最新の23アンタレスDCMDに合うロッド候補を紹介しますのでパートナー探しの参考になれば幸いです。

 

\ ついに発売!すでに品薄のモデルあり!早いもの勝ちです!! /

目次

23アンタレスDCMDに合うロッドはどれ?

23アンタレスに合うロッドを3つに絞って紹介していきます。

ワールドシャウラ17113R-2


品番 :17113R-2
全長(m) :2.40
継数(本) :2
仕舞寸法(cm) :130.0
自重(g) :145
先径/元径(mm) :1.9/13.0
適合ルアーウェイト(g) :10~35
適合ジグウエイト(g) :-
適合ライン(lb) :14~30/PE3号
グリップ長(mm) :302
カーボン含有率(%) : 99.0

メーカー希望小売価格(本体価格) :¥74,600

シマノが誇る最高峰ロッド、ワールドシャウラ。

17113R-2は8フィート弱と言うロングロッドとは思えないほどのバランスの良さと高感度、遠投性も抜群のロッドで、広大なフィールドでの陸っぱりやウェーディングでの重めのルアーを投げるなら、文句のつけようがないくらいの名ロッド。

竿に表記してあるルアーウエイトキャパより重た目のルアーでも遥か彼方まで運んでくれる

その上に感度も良く、フルキャストしてすぐのファーストリトリーブのバイブレーションプラグのブルブル感がはっきりわかるくらい良くて、ヘビーキャロライナリグをブルーギルが当たってきても、とてもよくわかります。

あとはとてもカッコイイです。

カッコイイというのもとても大切な要素で、カッコ良かったら使いたくなるし、よく使えば使うほどその分釣果にもつながっていくので、使いたくなるという要素は大事にした方がいいです。

 

\ 旧モデルはこちら! /

エクスセンスジェノス B96M/R

品番: B96M/R
全長(m): 2.90
継数(本): 2
仕舞寸法(cm): 148.9
自重(g): 134

先径(mm): 2.0
適合ルアーウェイト(g): 8~40
適合ラインPE(号): 1.2~2.5
リールシート位置(mm): 400※D
カーボン含有率(%): 97.9

メーカー希望小売価格(本体価格):¥63,900

 

シーバス用のロングロッドで遠投性にもお操作性にも優れたロッドで、ソルトゲームでのルアーフィッシングには欠かせない要素をすべて兼ね備えているようなロッドです。

高弾性で高反発、キャスティングの際にしなったらその反動力がとすごく強く帰って来てルアーを遠くに飛ばしてくれます

適合ルアーウェイトは40gまでとなっていますが実際はもっと重たいバイブレーション系プラグやメタルジグなど投げても、平気で沖まで飛ばしてくれるので中型青物のビッグベイト程度までなら投げられると思います。

シマノ高弾性ロッド特有の感度の良さでロングロッドでも小さなアタリでもよくわかります

ファーストテパーでフッキング時にバットがしっかりと強さを感じることが出来て、ティップはちゃんと入ってくれるので、ショートバイトもしっかりフッキングすることが可能で少々の魚はグイグイ寄せて来てくれます。

ロングロッドにしては自重も軽くあまり疲れない上に、23アンタレスDCMDの手のひらに収まるコンパクトなリールを組ませれば、ストロングな釣りも1日を通して楽に釣りができると思います。

 エクスプライド190XXH-2

全長:2.74m

継数:2本

仕舞寸法:195cm

自重:175g

先径:2.4mm

適合ルアーウェイト:MAX200g

適合ラインナイロン・フロロ:14?30lb

グリップ長:435mm

テーパー:R

カーボン含有率:99.3%

23アンタレスDCMDが得意とするジャンルのビッグベイトを使うときにオススメしタイロッドが、エクスプライド190XXH-2。

一般的に扱いやすいロッド長さと言われるのが、6ft~6.6ft程度の中バス釣り用ロッドとしてはとても長い9ftのエクストラヘビーモデル。

適合ルアーウェイトはなんと最大200gというパワーの持ち主。

このロッドなら思い切りビッグベイトゲームを楽しむことが出来ると思います。

持ち運びやすい2ピース、ワン&ハーフ設計でバットの強力なパワーと吸い込みの良いティップを組み合わせています。

このロッドが最も得意としているルアーがスイムベイトで、琵琶湖のような大きなフィールドでのスイムベイトを大遠投。

 

レンジコントロールもしやすく、狙いの深さを攻めることが出来ます。

しかも、先ほど紹介したワールドシャウラとエクスセンスジェノスと比べて圧倒的にコスパが良く、なんと3万円までで買えます。

学生さんやお小遣い制限がある旦那様などでも手が届くので、23アンタレスDCMDを買ってロッドにまでなかなかお金をかけられない人にはおすすめの商品です。

 

\ 低価格で高コスパといえばこれ!!/

結局どれがおすすめ? 

以上3本のロッドをご紹介いたしましたが、その中でもワールドシャウラを1番におすすめいたします。

ワールドシャウラのアンタレスの遠投性と高感度で数十m向こうのアタリを実感して欲しいです。

もちろんせっかく買うのならあとで後悔しないように自分のフィシングスタイルにマッチしたロッドを選ぶのが最優先だと思います。

まとめ

  • 23アンタレスDCMDには遠投性のあるロッドを選ぼう!
  • 23アンタレスDCMDの得意なビックベイトや空気抵抗の大きいルアーを投げられる適切ルアーウェイトのロッドを選ぼう!
  • 性能重視でもコスパ重視でも良いのであとで後悔しないように慎重に選ぼう!

この記事では23アンタレスDCMDに1合うロッドはどれ?と言うテーマでご紹介いたしました。 

あなたのフィッシングスタイルに合うロッドを選んで今年の釣りを楽しみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

楽天モーションウィジェット

てとら
節約ブロガー
●節約アングラーのてとらです。人と魚に優しい釣りを続けて15年。「釣りを教えて!」と言われ10人以上に釣りを教えてきました。
●当ブログ(月最高20万PV)ではその経験を活かし「地域の釣り」や「おいしい魚を安く釣る方法」を発信中です!
〇詳しいプロフィール
〇お仕事のご依頼はこちら
Amazonアソシエイトプログラム参加中

カテゴリー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次