サゴシの釣り方徹底解説|ジグの動かし方3パターンの紹介

今回はサゴシ釣りにおける「ジグの動かし方」について解説します!

どんな基本アクションから、釣れないときの対処法まで、釣り初心者の方にもわかりやすいように詳しく解説していきます!

 

てとら
てとら

みなさん今シーズンのサゴシ釣りは楽しまれてますか?

 

本記事では

「サゴシを釣るときのジグのアクションは?」

「アクションの使い分けはどうするの?」

 

といった釣り初心者の方々の疑問・お悩みにお答えします!

 

スポンサーリンク

サゴシ釣り|ジグの動かし方の基本

サゴシ釣りのジグの動かし方の基本は1つです。

 

基本的には、水中で「ジグを小刻みにジグザグ」動かしながら誘うアクションが有効です。

専門用語では「ワンピッチジャーク」ともいいます。

 

イラストで描くとこんな感じです(下手ですみませんが、、)

ジグの動かし方
ジグの動かし方

 

これで、小魚が海中で逃げ回っている様子を演出するんですね!

サゴシは獰猛なのでこんな小魚を見つけたら「ガブッ」と食いついてきます!!

 

アクションの手順は

・ジグをなるべく遠投する
・底に沈むまで待つ(ラインが出るのがストップするまで)
・ベールを戻す
・リールを一回巻くごとに1回ロッドをシャクる(1秒に2回)

 

シャクリを続けていると、海面までジグが上がってきますので

「そろそろ海面にあがってきたな~」と思ったらベールを上げて再度ジグを海底まで落とします。

 

だいたい1回の遠投で、2~3回ほど海底に落とすことになると思います〇

 

てとら
てとら

基本的にはこの動かし方でOKです!根気強く釣れるまでつづけましょう!

 

関連記事

 

基本のジグの動かし方で釣れないときは・・・

 

つぎに、基本の「ジグザグ動作」で釣れないときに試すアクションについてご紹介します。

 

それは

高速タダ巻き

です。「高速」というのが肝です!!

 

とくに海面でサゴシのナブラ(バシャバシャ小魚を捕食している様子)が起きているときは80パーセントの確立でこの「高速タダ巻き」で釣れます!!

 

高速タダ巻きではメタルジグで「高速で逃げる小魚」を演出します。

 

サゴシはそんな小魚を見つけると、追いかけまわしたくなり捕食スイッチが入るので「高速タダ巻き」でも釣れちゃうんです!!

 

ネオンくん
ネオンくん

どれくらいの速さで巻けばいいの?

 

答えは、

限界の力でなるべく「速く巻く」です

ただし、表層を狙うときは海面からジグが出ないようには注意してください。

 

てとら
てとら

ナブラが沸いているときは、大体この「高速巻き」で釣れます!

 

ナブラが沸いていても釣れない人は、こういった「アクションの使い分け」ができていないのが原因です。

 

ジグで釣れないときはメタルバイブも有効!

サゴシといえば「メタルジグ」で狙う印象が強いと思いますが、実は同じくらい「メタルバイブ」でも釣れるんです!!

 

僕の場合、ジグを10投ほどしたらメタルバイブに交換します。

2~3投としたらまたメタルジグに戻します。

 

このパターンで30分で「5匹」連発させたこともありますよ^^

 

おすすめは「コアマン アイナンプレート」。

 

高速巻きをするだけで「ブルブルッ」と振動して、サゴシを魅了します!

 

僕の釣行エリアでは、メタルバイブでしか釣れない日もあるくらいなのでタックルボックスには最低1つは用意しておくと安心ですよ!!

 

関連記事:サゴシ釣りにおススメなルアー3選【福岡版】

 

サゴシ釣りおススメ参考動画

 

サゴシ釣りの釣果がアップする、おススメ参考動画をご紹介します!

 

実釣編は8分あたりから始まります!

各パターンごとのアクションで実際にサゴシが釣れていますので、ぜひ釣行に行かれる前に一度目を通しておくよよいでしょう!!

 

 

まとめ

それでは今回のまとめです!

 

サゴシ釣りにおけるジグの基本的な動かし方は

・ジグザグアクションの「ワンピッチジャーク」
・釣れないときは「高速タダ巻き」も有効
・メタルバイブに交換してみてもOK

 

これからシーズンを迎えるサゴシ釣り。

ぜひみなさんも楽しまれてください!!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました