釣った魚の冷凍保存期間はどれくらい?長期保存のコツも紹介!

本記事では「釣った魚の冷凍保存期間」について釣り初心者の方向けに詳しく解説します!

釣った魚を冷凍して美味しく食べられる期間は?

美味しく魚を冷凍するコツは?

 

といった釣り人の疑問・お悩みに、釣り歴15年の筆者がお答えします!

 

 

先に結論をいうと、

「釣った魚を美味しく食べられる冷凍保存期間」は

約1か月
 (ただし保存方法による)

 

です!

通常の冷凍保存だと、3週間ごろから”冷凍焼け”により味や食感がガクッと落ちてきます。

 

でも、冷凍方法を工夫すれば保存期間を6カ月に伸ばすこともできるんです♪

 

それでは詳しく解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

釣った魚の冷凍保存期間は?

釣った魚の冷凍保存

 

今シーズンもみなさん魚釣りを楽しまれていますか?

僕は先日キスやヒラマサ、アオリイカ等を釣ってきました^^

 

そんな「釣った魚」が美味しく食べられる保存期間は一般的にこのように言われています。

 

冷蔵保存:3日
冷凍保存:1ヶ月

 

冷凍保存は冷蔵保存よりも約”10倍”長持ちなんですね◎

 

ただし、この1カ月というのは”適正な保存方法”で保存した場合です。

 

釣った魚を間違った保存方法をしてしまうと、もっと期限が短くなってしまいます。

 

ネオンくん
ネオンくん

釣った魚はどうやって保存したら良いの?

という方のために「釣った魚が長持ちする冷凍保存方法」を解説します!

 

釣った魚を長持ちさせる冷凍保存方法

釣り人なら知っておきたい「釣った魚の正しい冷凍保存」。

 

ポイントは3つあります!

 

1.釣った魚ははやめに捌き内臓を取り出す
2.キッチンペーパーで十分に水気を取る
3.密閉してなるべく真空の状態で保存する

 

それでは1つずつ解説していきます。

 

早めに捌き、内臓を取り出す

釣った魚はその日の内に捌き、内臓をとりだしておくのが理想です。

 

血や内臓の”臭み”が釣った魚の身にうつる前にサクッと捌きましょう!

 

てとら
てとら

魚は内側(内臓付近)がとくに傷みやすいんです!

 

使い終わった歯ブラシや、専用の”内臓取り”を使って内臓を取り出す事で、身をキレイに洗うことができます◎

 

 

釣ったアジの簡単な捌き方は、ヒラメblogさんの「素人でも簡単にアジの刺身が出来る!釣ったアジの刺身用捌き方解説」が分かりやすくおススメです◎

 

アジを捌く手順を、写真付き8ステップで中骨の取り方まで丁寧に解説されていますので、

「初めてアジを捌くんだけどどうすればいいの?」

という方はぜひ参考にしてみてください↓↓

 

魚を捌き終わったら次の手順に進みます!

 

しっかりと水分を取る

捌き終わった魚の身は、キッチンペーパー等でしっかりと水分を拭きとりましょう!

 

水分をキレイにとらないと釣った魚の”生臭さ”が残ったり、傷みやすくなりせっかく釣った魚の味が落ちてしまいます。

 

厚手のキッチンペーパーを使って、軽く押さえつける用にしてしっかりと水分を抜き取るようにしましょう!!

 

密閉状態にして保存する(重要)

密閉にした魚
密閉にした魚

水分を取り終わったら、今度はなるべく「密閉状態」にして保存するようにしましょう!

 

密閉状態にすることで魚の身が空気と触れる面積を少なくし、味が落ちるもっとも大きい要因の

・酸化

・冷凍焼け

を防ぐことができます!!

 

密閉方法としては

・ラップで身を包んで保存
・ジップロック等で空気を抜いて保存

 

1か月以内に食べきるのであれば、このどちらかの方法で美味しく冷凍保存できます!

 

てとら
てとら

適当にビニール袋やタッパー等にに入れて保存しないようにしましょう!

 

そしてさらに、いま釣り人に人気の”究極の密閉保存”をすれば

冷凍保存期間を1カ月⇒6カ月に伸ばせます!
冷蔵保存期間も3日⇒1週間に!!

 

その”究極の密閉保存方法”とは、家庭用の「真空パック器」をつかう方法です!

 

昔は鮮魚店や市場等でしか見かけなかった、魚の”真空保存”ですが、今はボタン1つで誰でも簡単にできちゃうんです!!

 

真空冷凍するとさらに長く保存できる!

 

釣った魚を「真空冷凍保存」すると、

・魚を正しく長期保存することで6カ月後も味を落とさずおいしく食べられる!
・冷凍庫の空きスペースも2倍になる!

 

と、釣り人とその家族に嬉しいことばかりなんです!

 

釣り上手なあなた、

「魚が釣れ過ぎちゃって困ったことはありませんか??」

 

 

魚を真空保存すると、魚の身が空気に触れる面積がほぼなくなるため、酸化や冷凍焼けを根本から防ぐことができます。

 

そして実はいま、誰でも手軽におうちで「真空保存」できる便利なアイテムがあるんです◎

 

それがこちら↓↓

真空パックん
真空パック器

 

「魚の美味しさ」にこだわる釣り人に話題なのが、この「真空パックん」です!

 

私もアジやイカなどが釣れ過ぎたときは、この「真空パックん」を使って長期保存しています。

真空パックのアジ
アジの真空パック

 

イカの真空パック
イカの真空パック

 

 

真空パック器の口コミ

こちらに「真空パック器」を導入した方々の声を集めました!

 

・野菜や肉魚の鮮度を保つことができて、無駄にする食材がぐんと減りました

鮮魚店をやっており、切り身の保存に使おうと購入。見た目もキレイに仕上がりかさばらない!

・釣ってきた魚をラップ等でくるみ熟成させていましたが真空状態で熟成させたのとは、比べ物にならないくらい美味しいものができました。(40代男性)

・海釣りに出かけ大漁に釣れたお魚を冷凍する為に今回購入しました。使い易くしっかり真空出来たので冷凍し、冬になったら鯛鍋をするのが今から楽しみです。

 

このように、家庭の料理において様々な場面で「真空パック器」が活躍しています!

 

中には最近流行りの”熟成用”として真空保存を利用される方もいるようです!

 

真空パック器は、こちらで紹介している「真空パックん」以外にも、Amazon等で売られている安価なものもあります。

 

安い機種との機能比較はこちらの記事で詳しく解説しています!

 

真空パック器の使用感

真空パックんの操作については公式Youtube動画を見ていただいた方が分かりやすいかと思います!!

 

動画では”お肉”を例に操作していますが、魚でも同様にたった2分で手軽に”真空保存”できます♪

 

 

てとら
てとら

次から釣り過ぎても安心ですね!!

まとめ

今回は「 釣った魚の冷凍保存期間 」について解説しました!

本記事内容について簡単にまとめます!

 

【釣った魚の冷凍保存期間】

冷蔵保存:3日
冷凍保存:1ヶ月

 

ただし、”真空パック器”を使えば冷凍期間を6カ月に伸ばす事もできます!

 

本記事がみなさんの参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました