福岡・呼子で今釣れるイカは?7種類を季節ごとに紹介

今回は「福岡・呼子で今釣れるイカ7種類」をご紹介します!

7種類のイカそれぞれの特徴釣れる時期を、”実際に私が釣りあげたイカの写真付き”で分かりやすく解説します!

 

本記事では

「福岡(糸島)や呼子で今釣れるイカは?」

「今の時期のイカの釣り方は?」

 

といった釣り初心者のみなさんの疑問にお答えします!

なお、今回は堤防から釣れるイカを紹介します。船釣りは除きますのでご注意ください。

 

福岡・呼子で釣れる7種類のイカ

 

福岡(糸島)、呼子では四季を通して様々なイカが釣れます。

そこで、実際にイカを釣った経験をもとに「福岡・呼子で釣れるイカ」を時期別に表にまとめてみました!

 

 

【 福岡・呼子で釣れる7種類のイカ 】

 

月別で表すと↑の図の様になります。

春・秋・冬がイカ釣りのシーズンです◎

 

続いて、7種類のイカの釣り方や難易度を表にまとめてみます!

魚種釣れる時期釣り方 難易度
易← →難
アオリイカ
(水イカ,モイカ)
親:5月~6月
子:9月下旬~11月
・エギング
・泳がせ(ヤエン)釣り
★★★★★
2コウイカ
(スミイカ、マルイカ)
春: 3月~6月
秋: 9月下旬~11月
・エギング★★★☆☆
3ササイカ
(ヤリイカ)
★初心者におススメ★
1月下旬~3月・電気ウキ(スッテ)
・エギング
★★☆☆☆
4 スルメイカ
(マイカ、ガンセキ)
1月下旬~3月・電気ウキ(スッテ)
・エギング
★★★☆☆
5 ケンサキイカ 1月下旬~3月・電気ウキ(スッテ)
・エギング
★★★☆☆
ヒイカ
(ジンドウイカ)
11月下旬~1月・エギング
(2号~2.5号エギ)
★★☆☆☆
ソデイカ
(アカイカ、タルイカ)
12月下旬~3月・エギング★★★★★

 

↑の表のように、イカも種類によって釣り方や”難易度”が全然違います!

 

イカ釣りで一番人気の”アオリイカ”は特にむずかしく、筆者も毎回苦戦しています…。

 

しかし”ササイカ(ヤリイカ)”であれば、釣り初心者の方でも簡単に釣る事ができます!

「とにかく美味しいイカを釣ってみたい!」という方には”ササイカ釣り”おススメです!

 

てとら
てとら

僕も釣り初心者には

ササイカ釣りをよく教えています!

 

ササイカ釣りの簡単な釣り方については、”【簡単】ササイカの釣り方と時期<呼子・糸島>”の記事をご覧ください!

 

アオリイカ

呼子で釣ったアオリイカ

アオリイカは”イカの王様”とも呼ばれています。

それだけ身体も大きくキレイで、さらに身も甘くて美味しいのが特徴です!

 

エギングのメインターゲットとなっており、糸島や呼子でも最大で2kgクラスが堤防からも狙えます!

2020~2021年はアオリイカの当たり年で、春先に2キロクラスが糸島周辺でかなり上がっていました!!

 

エギングにおいては、

春に親イカ(500g~2kg)を狙い、

秋に子イカ(200g~1kg)を狙う事になります。

 

もしアオリイカのエギングを始めるのであれば、秋の子イカシーズンで感覚を掴み、春に大型のアオリイカを狙う事をおすすめします!

 

てとら
てとら

春のアオリイカは本当に難しいです!
タックルも高価なものが必要になるので、釣り初心者にはあまりおススメできません!

 

コウイカ

夜釣りで釣れたコウイカ

コウイカはアオリイカを狙っている時に釣れる事が多いです。

いわゆる”外道”ってやつです。見た目も少し怖い面をしています・・・。

 

しかし身はコリコリしていておいしく、刺身でも美味しく食べれれます!

お寿司屋さんでよく見かける「コウイカの握り」のイカはこのイカです◎

 

釣り場はアオリイカとほぼ同じですが、砂場や埠頭(箱崎ふ頭・博多ふ頭等)でもよく上がるのが特徴です!

 

このコウイカのですが、別名”スミイカ”と呼ばれるほど、釣りあげた時にスミを大量に吐きます。

釣りあげた際には墨で汚れないように丁寧に扱うようにしてくださいね!

 

ササイカ

糸島で釣ったササイカ

ササイカは福岡・呼子の冬の夜釣りの名物です!

1月後半~3月は、糸島や呼子の堤防に電気ウキがずらっと並びます!

 

このササイカは群れにあたれば1日で大漁に釣れるのが特徴です!

私も以前、呼子方面で1日で平均7~8杯を釣り上げていました!

 

釣り方は電気ウキを使った”スッテ(テーラー)釣り”やエギングです。

 

ササイカは刺身や天ぷら、イカ焼き等なんでもおいしく食べられます◎

また、ササイカといえば”沖漬け”も有名です!

沖漬け中のササイカ

使っているのは”沖漬け専用特性ダレ”

ササイカだけではなく、煮付け等にも使えるので1つあるとかなり便利です!

 

あの釣りYoutuberの”釣りよか”さん達も、ササイカ釣りと沖漬けをこの動画で楽しんでいます!

是非こちらの動画も参考にしてみてください!

 

 

スルメイカ

呼子で釣ったスルメイカ

スルメイカはササイカ狙いでよく釣れるイカです。

佐賀や呼子の方では”ガンセキ”とも呼ばれています。

 

スルメイカはその名の通り”するめ”や、露店の”イカ焼き”で目にする事が多いイカです。 

ササイカと比べると身がしっかりしているので、天ぷらやイカ焼きで食べるのがおススメです!

 

ケンサキイカ

ケンサキイカはササイカとかなり似ています。

 

ササイカと比べると耳の位置が違ったり、手の長さが違います

 

見分け方についてはこちらの記事で詳しく画像付きで紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください!

 

ケンサキイカは小型が多いので、ササイカ同様に沖付け刺身で食べると美味しくいただけます!

ヒイカ

ヒイカは福岡・北九州で秋~冬にかけて釣れる小型のイカです。

 

近年博多湾でも釣れるようになり、人気のターゲットとなりました!

群れに当たれば、このヒイカも10杯程釣る事が可能です◎

 

こちらは漬けやボイルで美味しく頂く事ができます!

ソデイカ

糸島で釣ったソデイカ

ソデイカは冬にエギングをしていると極まれに釣れる事があります!

ソデイカは回遊性が高いので狙って釣る事は難しく、釣れたらラッキーと思いましょう!

 

この袖烏賊はかなり大型に成長するので、堤防からでも5キロクラスが掛かる事もあります。

イカを掛けたときに”明らかに違う引き”をかんじたら、このソデイカが掛かったことを覚悟して、ゆっくりと寄せましょう!

 

ちなみに味は工夫次第では、美味しく食べられます!(笑)

 

以上、福岡・呼子で釣れる7種類のイカを紹介しました!

時期によって釣れるイカは違うので、そのシーズンに合わせた釣り方をしていろんなイカを釣り上げてみてください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました